2014年08月11日

Levitra レビトラ 20mg

Levitra レビトラ 20mg http://www.densho-kanpo.com/item_29.html




効果・効能

レビトラ levitra (一般名:塩酸バルデナフィル水和物)について、バイアグラ発売以来5年ぶりのED治療薬です。
効果はバイアグラと同じで陰茎海綿体においてEDに関与しているPDE-5という勃起の邪魔をする酵素の働きを阻害(抑制)するものです。
「バイアグラもレビトラも同じメカニズムで、勃起を間接的に阻害する酵素の働きを抑えて、10代の角度をよみがえらせます。しかも、セックスの40分~1時間前に服用するバイアグラと較べてレビトラは即効性が高い。15~20分で股間がズッキンズッキンしてくるのです。持続時間は最大5時間。副作用も少なくアルコールを飲んでいてもOK。糖尿病患者や前立腺切除患者の改善例も報告されています」(医療関係者)つまりしたくなったら、すぐできるのが最大のウリである。
臨床試験では服用した患者の9割がEDを克服。うち2回戦に突入できたケースが91%というデータもある。
前立腺ガンの患者や重度の糖尿病や脊椎損傷によるEDにも高い有効性が認められているとの報告もあります。バイアグラが効きにくかったり、効果がない方にもかなり期待がもてるので試してみてください。
詳細の情報

用法・用量:
1.性行為の前25~60分前に、通常半錠、最大1錠まで服用します。
2.高齢者の方(65歳以上)、中等度の肝障害のある患者は、本剤の血漿中濃度が上昇することが認められているので、通常1/4錠、最大で半錠まで服用して下さい。
飲んで15~30分と早く効き始め、4~5時間と長めに作用します。(バイアグラは食後1時間以上あける必要があり、効果は3時間位が目安) ただしレビトラ(levitra)も満腹状態や脂っこいもの(天ぷら、カルビなど)を食べた後は、効果が落ちるので食後30分以上はあけて飲んでください。

成分・分量:主成分のバルデナフィル(Vardenafil)には、勃起持続化学物質を分解してしまう酵素PDE5を阻害し、勃起を持続させる効果があります。

副作用:
1.頭痛(のぼせ)。
2.鼻炎(鼻水・鼻づまり)。
3.その他消化不良(胃痛)。
その他に、一過性の視覚異常が現れることがありますので、車などの機械の操作は控えて下さい。

使用上の注意:レビトラは、勃起不全を改善するため一日に一回服用できる医薬品で、処方箋が必要。下記に該当する場合は、医師の処方箋が無ければ使用は避けるべきです。レビトラの使用禁忌について。
1.18歳以下の方、この薬(Valdenafil)に薬剤アレルギーのある方。
2.胸痛や狭心症のコントロールのためよく使われる硝酸剤を服用中の患者。
3.高血圧または前立腺肥大症の治療薬のαブロッカーを服用中の患者。
4.硝酸剤あるいは一酸化窒素(NO)供与剤を服用中の方。
5.主なものは狭心症、心筋梗塞の薬、ニトログリセリンです。
6.心血管系障害を有するなど性行為が不適当と考えられる方。
7.重度の肝障害のある方(黄疸があるなどが重症例です)。
8.低血圧の患者(血圧で上が90mmHg以下)。
9.治療により管理されていない高血圧の方(安静時で上が170mmHg以上か下が100mmHg以上の場合)。
10.脳梗塞・脳出血や心筋梗塞の既往歴が最近6ケ月以内にある方。
11.網膜色素変性症患者。
12.75歳以上で強力なCYP3A4阻害剤(例:リトナビル、インジナビル、ケトコナゾール、イトラコナゾール)を併用する男性患者。
13.人工透析の必要な腎不全の方。
14.不整脈の薬の一部(アジマリン、アミサリン、シベノール、キニジン、リスモダン等)服用中の患者。
15.水虫の内服薬でイトリゾールを服用中の患者。
16.抗ウイルス薬の一部(HIV治療薬のクリキシバン、ノービア)服用中の患者。
17.チトクローム阻害剤(リトナビル、インジナビル等)を服用中の患者。

その他の注意事項
1.アルコールを飲んだ後に、「レビトラ」を利用しますと副作用が、より強く出る可能性があります。
2.グレープフルーツ、グレープフルーツジュースを食した後に「レビトラ」を利用しないで下さい。
3.勃起が48時間以上持続する症状が見られた場合には直ちに医師の診断を受けるべきである。
4.女性の方は利用しないで下さい(男性用の処方箋薬です)。

以下の患者については、安全性が確認取れていないため詳細なデータが出るまで禁忌となっています。
重度の肝臓障害がある患者、透析治療を必要とする末期腎不全患者、低血圧の患者、最近の病歴に脳梗塞または心筋梗塞のある患者、不安定狭心症の患者、遺伝性網膜変性症の既往歴のある患者。
posted by 健康 at 10:21| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2014年08月08日

Viagra バイアグラ 100mg

Viagra バイアグラ 100mg http://www.densho-kanpo.com/item_27.html




効果・効能

バイアグラはED(男性勃起不全)の治療薬です。EDにおいては、新しくて気楽な治療の方法です。
バイアグラ効果は四時間持続します。性交時に十分な勃起が得られて維持でき、満足な性交が行えます。ペニスの勃起力が強くなります。途中で萎えたことをなくします。早漏ではなくて、射精感で射精します。意欲はあって、興奮もして、いざという時に勃起します。満足にセックスできて、自慰ことなくなります。事後、すぐ回復出来ます。性行為に自信が持っています。
詳細の情報

用法・用量:
性交渉の3~4時間ほど前に1錠(容量は人によりことなります)服用。
空腹時に服用いただくとより高い効果が期待できます。

成分・分量:VIAGRATM(成分名:クエン酸シルデナフィル)という阻害剤で、勃起を抑える方向に働く物質をブロックすることによって勃起反応を長引かせます。

副作用:
国内臨床試験データでは、バイアグラの服用により、およそ4割の方に副作用が認められています(実際には、もっと多い印象です)。
主な副作用は“ほてり”、“顔の紅潮”、“鼻づまり”です。特に“ほてり”は、かなりの頻度に及びます。皆さま、ある程度副作用を多めに見ていただいて服用していただいております。その他、動悸、頭痛、消化不良、羞明(物が青く見えるなど)、筋肉痛、めまいなどが挙げられます。
致死的な副作用はございません。いずれの副作用も一時的なものであり、バイアグラの効果がなくなるとともに、副作用も軽減、消失することがほとんどで、後遺症が残ることは、まずございません。
心臓の副作用を心配される方もございますが、一般的には、経度の動悸を自覚することがございますが、その頻度は上に記載したように1%程度です。また、バイアグラに関係なく、性行為は頭痛を誘発しやすいとも言われております。これにより、脳血管障害を誘発することはございません。

使用上の注意:
とりあえず先に、知っている範囲(調べたバイアグラ情報)で、バイアグラ服用を禁じられている人は下記だ。実際服用する人は自分の体調と副作用をちゃんと確認してくれ。
1.不整脈、低血圧または高血圧症の方は服用しないでください。
2.硝酸剤、一酸化窒素(NO)供与剤を服用中の方は服用しないでください。
3.脳梗塞、心筋梗塞、心筋梗塞や心不全を患った経験のある方は服用しないでください。
4.ニトログリセリン系の薬または心臓病を治療する薬を服用している方服用しないでください。
5.肝臓障害、末期腎不全患者、不安定狭心症、遺伝性網膜変性症の既往歴のある方は服用しないでください。
6.網膜色素変性症の方服用しないでください。
posted by 健康 at 10:20| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

Cialis シアリス 20mg

Cialis シアリス 20mg http://www.densho-kanpo.com/item_26.html




効果・効能

Cialis シアリスは、米国Eli Lilly社と米国Icos社が共同出資したLilly icos社から発売された勃起不全治療薬です。
Cialis シアリスの主成分であるタダラフィル(経口pde5阻害剤)の働きにより血流を活発にし、十分な勃起力を約24時間もの間維持することが特徴です。
Cialis シアリスはバイアグラに代わってED治療の最新商品。世界でもっとも安全、人気がある男性用勃起促進剤です。
Cialis シアリスは、EDの原因と考えられている酵素を抑制するED治療薬です。
勃起性機能障害(ED)の治療のため開発されたCialis シアリスは、現在、オセアニアとヨーロッパ、アメリカで承認を受けている製品です。
詳細の情報

用法・用量:
性行為の前12時間以内の食後30分以内に水と一緒に半錠を服用します。
場合によって最大1錠まで服用します。
食事中に服用しても問題はありません。

成分・分量:主成分であるタダラフィル(経口pde5阻害剤)。

副作用:
最も一般に報告される副作用は偏頭痛ですが、消化不良、めまい、鼻水、鼻ずまり、腰痛、背痛、筋肉痛が起こることもあります。また、極まれにですが、目痛、結膜の充血の副作用例もあります。
※長時間の勃起による痛み⇒4時間以上勃起の場合すぐ病院へ。

使用上の注意:
1.女性、妊婦、授乳中の方は使用禁止。
2.1日に最大20mg以上服用しないでください。
3.18歳以下、75歳以上の方は使用禁止。
4.過去6ヶ月以内に重症な心臓病のある方は使用禁止。
5.重症な高血圧の患者は服用禁止。
6.90日以内に心筋梗塞の患者は服用禁止。
7.慢性炎症の患者或いは性交の時に炎症のある方は服用禁止。
8.手術後、6ヶ月以内は服用禁止。
posted by 健康 at 10:18| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。